ロボアドバイザーでインデックス投資を始めよう!

今回は、最新の資産運用手法であるロボアドバイザー投資について紹介したいと思います。
ロボアドバイザー投資とはいわゆる投資信託の一種なのですが、一般的な投資信託とは違って資産運用をアルゴリズムが自動で行うという、少し変わった金融商品です。
これまでも、インディケーターを使ったシステムトレードなどがありましたが、それらとはまた違った機能であり、全く知識のない初心者でもプロ並みの資産運用を行うことができるそうです。
ロボアドバイザーは、一体どのようなものなのでしょうか?

▼ 目次

ロボアドバイザーのサービスとは

ロボアドバイザーとは、資産運用にアルゴリズムを用いたサービスのことです。
通常ならトレーダーの手によって銘柄の選定や取引、運用銘柄の管理が行われるところを、アルゴリズムに一任したり、 もしくはデータを分析して投資家に提供するようなサービスのことを言います。
売買戦略そのものを売りにしているインディケーターとは、全く別のサービスだと考えるといいでしょう。

では、ロボアドバイザーとは、具体的にどのようなサービスなのかについて紹介したいと思います。
ロボアドバイザーは、投資家が預けた資金をロボット(アルゴリズム)が運用する全自動型の資産運用サービスです。
投資信託の一種ですが、銘柄選定や運用管理を全て提供している会社の独自のアルゴリズムが行います。
ですから投資家は自らが最良で銘柄を選定したり、ポートフォリオを組み替えたりするようなことは一切ありません。
このロボアドバイザーの投資戦略は基本的に長期投資のインデックス投資がメインとなっています。
売り買いを数日で完結する短期投資向けのプランではありませんので、気をつけてください。

ロボアドバイザーの投資対象銘柄は、海外のETFや国内株式、海外株式など変動幅の大きい銘柄に投資をしたり国内債券や外国債券などの比較的リスクの少ない銘柄に投資をしたりと、提供する企業の戦略によってその点は様々になります。
ロボアドバイザーのタイプによっては、投資家の判断で戦略を複数の中から選べれるものもあります。
例えば、あんまり積極的なリターンを狙わずに安定的に利回りを稼いでいきたいという人には保守型の投資プランが最適です。
それとは違って、市場平均よりも高いリターンを狙っていきたい人には、アクティブな運用が行われる戦略が最適で、このような様々な戦略が提供されていて意外と選び幅が広いのが、このロボアドバイザーサービスです。

ロボアドバイザーの投資信託と同じ

ちなみに、ロボアドバイザーは、性質的には投資信託と同じなのですが、人手がかからないぶん手数料が安くさらに選ぶ銘柄もコストが安い銘柄を選んでくれますので、運用手数料を抑えた資産運用を実現することが可能です。
注意点としては当然のことながら元本保証がないので資産運用の結果がマイナスで推移してしまうことがあります。
またマイナスで推移した場合でも運用管理手数料がかかってしまいますので預け入れた資金からそのぶんが徴収されてしまうことになります。
口座開設手数料等は無料ですが完全無料のサービスではないということを、理解しておいた方がいいでしょう。

また自分の好きな銘柄を、要望して購入してもらうこともできませんので、投資家は、売買選定に関しての裁量をもたないということになります。
ただ自分で運用するよりもはるかに手数料が安く済みますし、プロのロジックで資産運用が行われるという点を見ると、投資経験のない人はこういうサービスに任せた方が安全に運用してもらうことができます。

ロボアドバイザーを始める前に確認する3つのこと

これからこのロボアドバイザーサービスをやってみようという人は、次の点について確認しておいた方がいいでしょう。
まず第1には取引対象銘柄について調べておくということです。
ロボアドバイザーを提供する企業によって投資対象銘柄が違いますので、これからロボアドバイザーに資金を投入しようと考えている人は、自分のお金がどのような銘柄に使われるのかを、事前に調べておいた方が安心して運用を任せることができます

2つ目は、手数料体系について調べておくことです。
手数料はロボアドバイザーサービスを提供する企業によって違いますので、できるだけコストのかからないところに運用を任せた方が、長期的に運用を頼みやすいです
運用手数料は大体年率で0.5%から1%が相場で、さきほども説明した通りマイナスになってもこのコストは徴収されてしまいますので、できるだけ安い手数料の会社を選んだ方がいいです。

最後は自分が投資しようとしている資本金が本当に投資に回して良いものかどうかを見直してみることです。
ロボアドバイザー口座に一度預けると解約する時にポジションを解消する必要がありますので、手数料がかさんでしまいます。
ですから、当面必要のないお金を預けるようにしないと、いざという時に不便なことになってしまいます。
投資は余裕資金であるということが大前提ですので、この点については十分に注意して取引をはじめるようにするべきです。
ロボアドバイザーを提供する会社のホームページでは、サービスの細かな特徴が紹介されていますのでインターネットを活用して、どの会社の資産運用サービスががいいのかを、十分調べておくといいでしょう。